電話番号スマホ 電話番号PC

後妻業-「色で老人を喰う」

「色で老人を喰う」裏稼業を描く戦慄の犯罪小説。

後妻業
書名:後妻業
著:黒川博行
出版社:文藝春秋 (2014/8/29)

内容(「BOOK」データベースより)
金が欲しいんやったら爺を紹介したる。一千万でも二千万でも、おまえの手練手管で稼げや。妻に先立たれ、結婚相談所で出会った二十二歳歳下の小夜子と同居を始めた老人・中瀬耕造は、脳梗塞で倒れ一命を取り留めたものの意識不明の重体に。だが、その裏で、実は小夜子と結婚相談所を経営する柏木は結託、耕造の財産を手に入れるべく、周到な計画を立てていた。病院に駆けつけた耕造の娘・尚子と朋美は、次第に牙をむく小夜子の本性を知り…。

店での買取本のなかにこの本が入っておりました。

なーんかあの事件に似てる。